CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
ノルニル・少年よ我に帰れ
ノルニル・少年よ我に帰れ (JUGEMレビュー »)
やくしまるえつこメトロオーケストラ
素晴らしすぎます!!
DEAR FUTURE
DEAR FUTURE (JUGEMレビュー »)
岩里祐穂,NARASAKI,成田忍,渋谷慶一郎,agraph,WATCHMAN
OTHERS
qrcode
<< 八潮と三雲 1 | main | 女王の花 2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
Cookie 2010年 9月号
今月の上旬には全く購入予定では無かったこの雑誌。今回初めて購入しました。
理由は表紙を飾ってある小花美穂さんの『Honey Bitter』番外編に、『こどものおもちゃ』
の紗南が登場すると知ったからです。記念ですぴかぴか記念ぴかぴか
この為にこの雑誌を購入したし、他の作品は特に興味も持っていないので読んでません。
今回は『Honey Bitter』の番外編のみの感想にしたいと思います。

続編モノって余り好きじゃない。と言いますか、漫画にしろ映画にしろ成功している例って
少ないと思うんですよね。『こどものおもちゃ』は世代で(当時読んでいなかったけど)私の好きな漫画の中でも上位に入るぐらい好きな作品です。
世間一般でも名作だと思うから“想い入れいっぱい!”の人は沢山いらっしゃると思うんです。そんな中で小花さんが番外編として紗南を登場させたのは凄いと思います。
先ずね、絵柄が当時と違うからその時点で「嫌だな」と感じる人も居る。「想像を壊されたくない」って思う人も居る。凄く挑戦的だし、不安があったと思うんですよね。

正直、今の小花さんの絵柄を知っていても少なからず私は不安でしたから。
あの当時の、あの絵柄で、あの歳だからこそ、感動できる!というのは当然あるわけで・・・・まぁ私は何でも切り離して読む事ができるので、絵柄が変わっている事で
「紗南が大人になったてれちゃう」と素直に感じる事ができましたよ。

で、もう1つの不安要素は、私は小花さんの作品が大好きで、全部所有しているけれど、
『POCHI』の番外編だけは納得できない・・・・・いや、余り好きじゃないです。
『POCHI』は『POCHI』のままであって、その後は特に見たいと思わなかったのがあると
思うんですが・・・・そもそも私はPOCHIと清香とのカップリングを愛していたので後から
出てきたMIKEにその座が変更になってしまったのが悲しくて仕方が無かったですポロリ
特に「この子にはこの子しかいない!!」と思っている時は、「永遠なんてない」と
分っているけれど「ずっとずっと幸せになりました」があっても良いと願ってしまうんです。
そんな訳で、『こどものおもちゃ』で主役を張っていたあの子達が、
「ずっとずっと幸せにやっているんだろうな〜」「イチャイチャしているんだろうな〜」
なんて思いつつ読み始めたのですよ。

では、さっそくネタバレ感想へ▼
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
足感想
結果論から言うと、何はともあれ相変わらずでした。特に紗南イヒヒ
初登場シーンなんてうっかり感動しちゃったものポッ玲君もイケメン度増してたし(笑)
珠里って結構大人しい主人公だから、ピコピコハンマーを振り回す紗南を見ていると2人の組み合わせが可愛くって。珠里の方が年下なのに姉妹みたいでしたわーい
時系列的には『Honey Bitter』2巻と3巻の間って感じかな?

『Honey Bitter』のシットリと暗〜い雰囲気も好きなんだけれど、今回は笑いましたね。
『Honey Bitter』で初めてこんなに笑ったかも。いつもはヨータに癒されているからさ。

良かったなと思えるのは珠里の能力でどれだけ玲君が親バカか。どれだけ紗南がおバカかが分ったところです( ´∀`)そしてリキも紗南を知っていた事に感動。
本編とは関係ないですが、リキと羽山は性格合わなそうなイメージです。
お互い共感し合う所はあるだろうけれど、タイプ似すぎていてバチバチと静かな火花を散らしていそう。そんなどうでもいい事を想像しながら読むのも楽しかったですラッキー

本編は紗南の依頼とは別に玲君から羽山の浮気調査で話は進んでいきます。
紗南と羽山が結婚していたり(思わず「おぉー」って叫んだ)子供ができていたりして
「なんだよ仲良いじゃん!」なんて思っていたのに・・・・・・
その子供が原因で不穏な雰囲気になっているみたいなんですよね。
羽山の発言は紗南が子供に付きっきりになるのが嫌だからなのか(←ウザ可愛い馬鹿)
羽山の母親の事でトラウマになっているのか。
唯のマタニティーブルー(←絶対に違う)気になるところです。

私は結婚話が好きじゃないので、結婚するまでの話じゃなくて良かったです。
羽山が「愛してます」とか「結婚しよう」なんて真顔で言ってたら爆笑する(●´艸`)ブハッ

紗南の『チビが おります ココに』の台詞がよかったです。紗南らしくて良い(・∀・)イイ
それと、相変わらず玲君と麻子さんがダラダラとくっ付いたり離れたりしている関係なのが良い。『こどちゃ』読んでいた時に「この2人は絶対に長続きしない!!」と思っていたので、この展開は小花さんらしいし、2人の関係らしくて良いなと思っています。
永遠なんてないですから(苦笑)

最後に。羽山の発言の理由は分らないけれど、トラウマなら分らなくもないです。
紗南に言った事は酷いと思うけれど、幼少期のトラウマは簡単に克服できないですから。
まぁ来月号で紗南に羽山をぶん殴って貰いましょう! ウルァッ(((((;`Д´)≡⊃)`Д)、;'.・
『こどちゃ』と『ハニビ』を読み返したくなりましたね。そうそう、紗南は婿養子派です。
マミ | 雑誌(いろいろ) | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
comment_area
>はじめましてさん

コメント有難う御座います。お返事遅くなってしまって申し訳ありません。

>MIKEは必要なかったと思います。
そうですよね〜『MIKE』を好きな人には悪いですが、せっかくの感動を返して欲しくなります(涙)
わたしも同じように思っていますよ。
漫画だけれど本当に『POCHI』のカップリングは末永く一緒に居て欲しいと思ってしまう、そんな素敵なカップリングでしたから・・・・
なんだか悔しいですよね。

私も嬉しかったです。コメント有難う御座いました。
comment_area
(..)φ マミ
2011/01/26 1:33 AM

comment_area
わたしも小花先生の作品が好きでこどちゃ以外にも
読んでいるのですが、私も『POCHI』は清香との話で番外編というか、MIKEは必要なかったと思います。
番外編も清香との日常などで作って欲しかった、と今でも思っています。
登場人物同士でカップリングになりすぎる物語(ママレードボーイなど)は、心変わりとか、振られたら別の人ってその程度の気持ちだったの?、そんな潔く諦めて応援できるなんて本当に好きだったら無理だと思いますし、
清香とPOCHIはお互いを必要として支え合って、笑いあえるいいパートナーだと思って感動していたのに、その感動が一気に崩された感じで切なくて、悲しいなんともいえない感情になりました
長々とすみません、
同じことを感じた方がいらっしゃったことにうれしくて語りすぎてしまいました、
comment_area
(..)φ はじめまして
2011/01/20 2:56 AM

comment_area
こんばんは。コメントありがとうございます。

>「ときめきトゥナイト」
蘭世編は好きなんですけどね。長引くにつれて好きじゃなくなってしまいました(苦笑)基本的に少女漫画って“永遠の愛”って感じですよね!ひかわきょうこさんの作品とか沸々と感じます。

>「小花美穂」がかなぁ?(スミマセン!)
いえいえ。小花さんは正直、クセがあると思います。初期の作品でも結構ドシリアスだし、読んでいて唯「幸せv」と思える作品は余り無いですからね(個人的には)

>結構おもしろいと思いますよ?
本当ですか!まだ読んでいないので腰を据えて読んでみようと思います。コーラスは勝田さんの為だけに買ってみたいと思いつつ未購入です。好きな雑誌の雰囲気はクッキーよりもコーラスですね・・・・

>加藤友緒
加藤さんは『イチゴとアンズ』だけ集めていました〜女の子が可愛かったので。谷川作品はしっかり読んだ事ないんですよね。お勧めあれば教えてくださいねv

>池野恋の新連載
はい。ありましたよ。画廊が舞台で、今後分りませんがオムニバスっぽい雰囲気がありました。主人公が毎回変わった方が面白いと思います。私は結構楽しめました。久しぶりに池のさんの絵をみたのですが、相変わらずですね(笑)余り変わっていなくてビックリしました。古き良き『りぼん』って感じです。
comment_area
(..)φ マミ
2010/07/31 10:23 PM

comment_area
>永遠なんてないですから
でも「ときめきトゥナイト」読んでると「永遠の愛」を信じられますよね…(笑;)

「こどちゃ」は読めなかったです。どうにも肌に合わなかった。
「こどちゃ」とゆーより「小花美穂」がかなぁ?(スミマセン!)
でもデビュー20周年でしたっけ?
月日が経つのは早いですね〜!!

他の作品は読まれてないようで。
たまにクッキー購入するんですけど、結構おもしろいと思いますよ?(少なくともコーラスよりは…とか言いつつ購入率が高いのはコーラス…;)

基本、谷川史子が描いてる時は必ず購入!なんですが、加藤友緒が気にいっています♪
「マルシェでボンボン」も好き♪
めずらしく池谷と遊知、高須賀も読んでますし。

あ、この号からでしたっけ?
池野恋の新連載て?
ちょっとだけ気になります〜(´ω`*)
comment_area
(..)φ バジル
2010/07/31 9:42 PM

It comments.









Trackback URL of This Entry
http://rose-magic.jugem.jp/trackback/446
Trackback
クッキー9月号。
手を出してしまったよ・・・ クッキー9月号。 ここで気になった作品を語る事にしよう。 ◆「Deep Clear」前編(小花美穂) 小花美穂の画業20周年を記念して、現在Cookieで連載中の「Honey Bitter」と、 小花美穂の出世作である「
(^ー゚)ノ ガンバボーイ2号のGuerrilla Radio | 2010/08/10 5:35 PM